MENU

プロテオグリカンはサプリでの過剰摂取よりも不足に注意するべし!


プロテオグリカンの過剰摂取によって引き起こされる副作用のおそれについて述べましたが、むしろ注意しなければならないのはプロテオグリカンの不足です。

 

プロテオグリカンが全身に不足すると、体のあちこちに痛みが出たり腰痛からのぎっくり腰や体のバランスの変化、慢性的な体の痛みなどが引き起こされやすくなります。
加齢に合わせて人間の体にはきしみや歪みが生じますが、それらを解消していた弾力成分がプロテオグリカンです。

 

プロテオグリカン不足をそのままにしておくと…

プロテオグリカン不足を放置していると、体は新たにプロテオグリカンを生成しようとして、コンドロイチン硫酸という成分を使い始めます
コンドロイチン硫酸はもともと細胞の老化を防止する成分であり、
プロテオグリカンに代わって消費されることで、体内から皮膚表面まで老化が進みやすくなってしまいます。

 

「細胞が老化する」と言うとあまり深刻に聞こえませんが、
具体的には代謝機能の低下や臓器の機能に関するトラブル、ガンなどといった細胞の病気などが引き起こされやすくなります

 

人間の体は非常に複雑な仕組みによって健康をキープしており、美容だけの問題ではなく、健康をいかにして維持するかがカギとなっています。
プロテオグリカンが欠乏しないよう、食品やサプリメントなどを使って上手に栄養を補給していきましょう。
>>プロテオグリカンサプリメントランキングTOP5を見る