MENU

プロテオグリカンの過剰摂取は危険?摂り過ぎると副作用はあるの?


先の記事(プロテオグリカンサプリの摂取量は?〜適切な量と過剰摂取量まとめ〜)でも述べましたがプロテオグリカンを過剰摂取すると、肝臓や腎臓などの代謝器官に負担をかける可能性があります。
遺伝的に肝臓や腎臓が強くない方、病気がちの方は過剰摂取にならないよう注意してください。

 

また、食品ではなくサプリメントからプロテオグリカンを摂る場合、消化器官への負担も考えられます。
食事代わりにサプリを摂ると、バランス良く栄養素が吸収できないために胃腸に負担をかける可能性があります。

 

プロテオグリカンは体内で脂質に変化するため、毎日大量に摂取を続けていると脂質として体の中に蓄積されることになります。
もちろん摂ってすぐに肥満になるわけではありませんが、摂り過ぎにならない程度の線引きは大切です。

 

プロテオグリカンはかつて1g3,000万円以上もの高額な成分でしたが、鮭の軟骨を利用することによって手軽で安く利用できるようになりました。

 

美容にも健康にも効果があるということで、この先ますます注目が集まると考えられますが、薬とはそもそも異なること・適量を摂取しなければ効果が得られないことをいつも念頭に置いておきたいところです。

 

>>プロテオグリカンサプリメントランキングTOP5を見る