MENU

加齢によって軟骨の痛みが増えてくる関節痛の原因とは?


年齢による関節の痛みというものには、加齢と軟骨の使い過ぎが関わっています。
人間の腕や足にある関節は、軟骨を生成する軟骨細胞が備わっているのですが、この軟骨細胞がすり減るともうほとんど再生することはありません
腕や足などは死ぬまで使う部位であるにも関わらず、細胞組織自体がすり減ることによりだんだんと消耗した状態になっていくのです。

軟骨がすり減れば再生されることはない?


軟骨は軟骨細胞がなければ作り出されることはなく、軟骨細胞がすり減ればもう軟骨が元に戻ることはありません。
つまり若い頃に比べて高齢者の方が手足の曲げ伸ばしに苦戦するのは、必然的な老化現象であり軟骨の問題が隠されていたのです。
軟骨が減ってしまうと、関節にかかる衝撃は吸収されずにダメージとして受け止められてしまいます
そうなると軟骨細胞はさらにすり減って痛みが出てきたり、容易に曲げ伸ばしができにくくなっていきます。

軟骨の量が少ないと関節が使えない


動物も人間も同じで、軟骨が十分な量を確保できていなければ、関節が使えなくなってしまいます。
しかし年齢による自然な加齢は誰にとっても必然。
これを自然な老化と考えればそれで済むのですが、もっとバリバリ活動したい!腕も足も問題なく使えるようにしたい!という方は、軟骨にアプローチする成分をサプリメントなどの食品から摂取するようにしましょう。

サプリメントで軟骨細胞を再生させる


サプリメントの場合、一度すり減ってから簡単には再生しないと言われている軟骨細胞を増殖して再生させることが可能と言われています。
今まで関節の痛みのせいで作業や仕事に支障が出ていた方にとっては朗報ですね。
実は、現代医学ではただ一つだけ、軟骨にアプローチする方法があります。
軟骨は水分・U型コラーゲン・プロテオグリカンという3種類の成分から構成されていますが、逆に言えばこれらの成分が十分に備わっていなければ軟骨細胞を生成することができなくなります。

先ほども少し説明をしましたが、プロテオグリカンは軟骨細胞の再生(増殖)を助けてくれる成分です。
プロテオグリカンの摂取量を増やせば、そこから軟骨細胞が活性化して、自然と足りない場所に軟骨が補われ痛みや不調の軽減に繋がると考えられています。
>>プロテオグリカンの働きは?軟骨や関節に何をしてくれる成分なの?