MENU

「プロテオグリカン」が関節痛に効果がある成分っていうのは本当なの?


関節炎や関節痛を改善する成分に、「プロテオグリカン」という成分があります。
プロテオグリカンはグルコサミンやコンドロイチンなどと同じく、人間や動物の関節部に作用する物質であり、プロテオグリカンはまだあまり知名度が高くない成分です。

 

関節痛トラブルの原因


加齢や事故の後遺症、突然のトラブルなどによる「関節痛」の問題。
若い世代にはほとんど関係のない問題ですが、
年齢を経るにしたがってどんどん深刻化していき、一度関節痛を起こした部分が時を経てから再発したり、原因不明の痛みが出るなど、関節部のトラブルは意外に深刻です。

 

ホルモンによる関節痛もある


関節痛はホルモンバランスやホルモンの減少が関係しているとも言われており、年齢でいうところの更年期〜閉経後の女性に、突然関節痛が出たという悩みが多くみられます。
若い方はあまり気にならないかもしれませんが、
生理前に一時的にホルモンバランスが乱れた状態になると、関節痛を短い間でも患う危険があります。

 

関節痛を患うと、とにかく階段を降りたり、物を持ち上げたり、体をひねる動作が怖くなります。
ひざに負荷がかかるシチュエーションもなるべく避けたいところですが、階段を降りないわけにはいかないので、結局ゆっくりと時間をかけながら降りることになります。

 

言い訳していても治らないのが関節痛です。


でも、どんなにひどい関節炎でも「年のせいだから」「大したことないから」と、
なんとかして自分の心と体に言い訳をしてしまうのですが、もちろんそれだけで関節痛や関節炎が治るわけではありません。

 

プロテオグリカンの大きな特徴としては、
再生が難しいと言われていた軟骨の細胞を再生して元通りの関節に改善、維持するはたらきが注目を集めています。

 

もちろんそれだけでは説明不足ですので、
本記事ではプロテオグリカンの画期的で実用的な効果について見ていきたいと思います。

 

>>プロテオグリカンサプリメントの効果と正しい選び方

他に読まれている記事はコレ

年齢による関節の痛みというものには、加齢と軟骨の使い過ぎが関わっています。人間の腕や足にある関節は、軟骨を生成する軟骨細胞が備わっているのですが、この軟骨細胞がすり減るともうほとんど再生することはありません。腕や足などは死ぬまで使う部位であるにも関わらず、細胞組織自体がすり減ることによりだんだんと消耗した状態になっていくのです。軟骨がすり減れば再生されることはない?軟骨は軟骨細胞がなければ作り出さ...

誰でも安価に手に入れられるようになった成分ですが、特に関節や軟骨には以下のような働きを与えます。軟骨細胞が軟骨を新たに生成する。プロテオグリカンの力で軟骨が蘇る軟骨細胞もプロテオグリカンの力で蘇るグルコサミン、コンドロイチンなどの軟骨に良い成分は最終的にプロテオグリカンに変わる関節痛に対しては軟骨細胞の増殖と保水、抗炎症効果をそれぞれ与え、痛みを抑えて関節を動かしやすくする軟骨細胞が軟骨を新たに生...

年を重ねてくとちょっとした動作が大変になったり、関節に痛みが伴ってしまうことが増えてきます。その原因は軟骨がすり減ってしまうことにあるようです。軟骨は使えば使うほどすり減ってしまい、それを保護する為にクッションの役割をしてくれる成分があるのですが、加齢と共にそのクッション成分すら減少してしまい、クッションの役割を果たしてくれなくなってしまうのです。>>【関節痛の原因って?】加齢によって軟骨の痛みが...