MENU

気をつけて!関節痛を悪化させてしまうNG習慣とは?


関節の痛みを引き起こす要因を考える場合、痛みが出る部位によっても注意すべきNG行動は異なってきます。
例えば、膝の痛みの場合は食べ過ぎに注意する必要があります。
平らな場所をただ歩くだけでも膝には体重の3倍前後の負担がかかるとされています。ということは、体重が1kg増えると、膝には3kgも負担が増えてしまうという訳です。
体重の増加は、膝の半月板や軟骨などにも影響するため、痛みにつながることが考えられます。
痛みが起きないようにするためにも、体重はこまめにチェックするようにして、少し食べ過ぎかなと感じたら食事を早めに調整しするようにしましょう。

食生活や栄養バランスの偏りも問題


食生活や栄養バランスが偏ってしまうと、関節痛が悪化してしまう原因になります。
特にカルシウムやコンドロイチン、グルコサミンといった栄養素は骨や軟骨に関連する栄養素で、不足してしまうと関節に痛みが起こる場合があります。
食生活が偏ってしまいがちという方は、サプリメントなど栄養補助食品で不足分を補うことも一つの方法です。特に、膝関節の主な成分であるプロテオグリカンは、美容分野でも注目されています。

▼軟骨の減少を抑制するならプロテオグリカンがおすすめ
プロテオグリカンを摂取することによって、軟骨の減少を抑制することができると言われています。
プロテオグリカンサプリなど、サプリメントも販売されていますので、膝関節が持つクッション機能を強めるために有効です。プロテオグリカンサプリを選ぶ際には、品質や添加物もチェックして選びましょう。
プロテオグリカンサプリは、軟骨成分のヒアルロン酸やコラーゲンと一緒に配合されている場合が多いので、相乗効果が期待できます。
>>変なプロテオグリカンサプリメントを避けるために満たしたい5つの条件

同じ姿勢のままで長時間過ごすのはNG


同じ姿勢のままで長時間過ごしていると、関節痛が悪化してしまうことがあります。ずっと同じ姿勢で過ごすことは、関節の痛みを引き起こす可能性があるNG行動と言えます。
ただし、急に激しいスポーツをしたり、仕事で肉体労働を行う場合にも注意が必要です。こうした行動は、関節に負荷をかけてしまう可能性があるからです。

負担が少ないウォーキングから始めるのがおすすめ

シニアの方はよく膝関節の痛みに悩む方におすすめなのが手軽にできるウォーキングです。
ウォーキングすることで膝関節に血液が供給され、酸素と栄養が行き渡るので軟骨成分の生成を促してくれます。

体を無理に使うこともNG


関節痛の要因になりやすい習慣としては、体を無理に使うことが痛みにつながるケースが多いです。
中高年の方が急にスポーツをして関節痛になる方が増えていますが、無理をしたせいで関節を痛める例も多く見られます。
違和感があるのに無理をして正座をし続けたり、我慢しながら重いものを持つことも、軟骨がすり減ってしま要因になります。
立ち仕事や重い荷物を運ぶ仕事を続けたりしても、痛みが悪化する原因になります。できるだけ体を労わりましょう。

運動不足も関節痛に影響する


日頃から運動する習慣がついていない人は、関節痛が悪化しやすくなる可能性があります。
痛みがあると動きたくないかもしれませんが、適度に運動をしないと関節液が適度に分泌されなくなりスムーズに動きにくくなります。
また、関節にかかる負担を減らす役割がある筋肉は運動不足で低下するため、関節への負担が大きくなって痛みにつながります。運動不足は、関節液が減ったり筋力低下を引き起こし、結果的に関節の負担を増やします。

▼肥満になると関節の負担倍増
さらに、肥満になってしまうと、関節の負担はさらに大きくなるので、適切な体重をキープすることが大切です。
食生活では、プロテオグリカンを生成する原料になるグルコサミンやコンドロイチンを含む食品を積極的に摂りましょう。

まとめ

いかがでしたか?関節の痛みを悪化させる行動は、意外と多いことが分かります。
知らないうちに痛みを増やさないためにも、食べ過ぎに気を付けて適性な体重をキープし、なるべく同じ姿勢で長時間過ごすのは避けましょう。
プロテオグリカンサプリを利用して、軟骨成分のプロテオグリカンをキープすることが手軽でおすすめです。
>>プロテオグリカンサプリメントランキングをチェックする