MENU

関節痛の予防・緩和・改善にサプリがすすめられている理由とは?


平成26年度の厚生労働省が発表している関節痛疾患の総患者数は125万人と言われています。
25年の国民生活基礎調査では、65歳以上の女性の3人に1人はこの疾患に悩んでいるとの統計がでています。
また痛みの発症を感じ始めたのは40代の頃からと科研製薬会社からのアンケート調査で出ています。

 

この関節痛ですが、5人に一人が関節疾患により要介護や要支援状態に陥る原因としても挙げられています。
テレビやコマーシャル等でも耳にする事が多病名ですが、放っておいてもその痛みが緩和することはないため、その特徴や予防法、改善策を正しく理解し日常の中でも行えるセルフケアを実施する事で症状の改善が期待できます。

関節痛には種類と特徴がある?


正常な関節の軟骨はツルツルとした軟骨に覆われており、これがクッションのような役割を果たす事により、関節の動きを滑らかにしていますが、スポーツや日常の動作等で軟骨に力がかかる事により次第に摩耗し擦り減っていき、炎症が発生し痛みにへと繋がっていくのです。

特に多く発生するのが「膝」の痛みです。

膝関節は日常の中でも最も酷使されると共に、体重を支えるために荷重もかかる部位でもあるためです。
痛みは初期の頃こそなんとなく痛い程度のものですが、少しずつ進行していき、我慢できる程度の痛みにへと変化し、最終的には痛くて歩けないといった風に進行していくのです。
痛みはビリビリ、あるいはジンジンとした鈍痛が特徴的ですが、末期にもなると硬い骨同士がぶつかるため激痛にへと変わっていきます

関節痛の改善方法は何か?


スポーツ習慣がある人等、特別に関節を酷使する習慣がなくとも、加齢による筋力低下や体重の増加等で関節に負担がかかることは避けられませんが、適度な運動による筋力保持、バランスのよい食生活、生活習慣を見直す事でも改善が期待できます。

▼手軽に対策を始めるならサプリメントがおすすめ
そんな中でも気軽に始められ、疼痛緩和効果と改善、予防効果も合わせて期待できるサプリメントによる対応方法をご紹介して行きます。
テレビや、コマーシャル等で耳にする機会の多いのはヒアルロン酸やグルコサミンですが、最近ではプロテオグリカンサプリがあげられます。
このプロテオグリカンサプリは保水量に優れており、関節のクッションを補う役目と炎症効果がある事が大きな特徴です。

関節痛の予防・緩和・改善にはどんな成分が入ったサプリを選べばいいの?

ひざなどの関節に悩みがある人に人気のサプリメントには、グルコサミン・コラーゲン・コンドロイチンなどが含まれていることが多く、注目されています。
最近では、プロテオグリカンの知名度が上がってきていて、関節痛にアプローチすることができる成分として人気があります。
成分によって関節痛へのアプローチが異なるので、良さそうな成分が入っていれば何でも良いというわけではなく、効果的な成分が入ったサプリメントを選ぶことが大切です。

関節痛サプリメントの成分の種類


関節痛に良いと言われているサプリメントの成分は、本来関節に含まれている物が多く、関節内やじん帯などの周辺組織などに含まれている成分です。
最近は医学の進歩により、効果的な成分が詳しくわかってきていたり、より効率よく働く形で含まれていることが多くなってきています。

プロテオグリカン

関節痛を改善する成分として最近注目を集めているのがプロテオグリカンです。
プロテオグリカンは、人間や動物の関節に作用する物質で、鮭の鼻の軟骨から抽出することができるようになったため、価格が低下し、市販のサプリメントにも多く採用されるようになってきている成分です。
再生させることが難しいと言われていた軟骨の細胞を再生を期待でき、痛みが気になる関節を改善したり、維持することで関節痛の緩和をすることができるおすすめの成分です。

コラーゲン

たんぱく質の一種で、細胞と細胞をつなぎ合わせる役割があるコラーゲンは、加齢によって少なくなることが分かっている成分です。
コラーゲンが少なくなると細胞の分裂や増殖が遅くなり、老化してきます
関節と関節の間でクッションの働きをしている軟骨には、コラーゲンが多く含まれており、軟骨は柔らかいのですり減っても再生しますが、老化によって再生が遅くなるとすり減ったままになってしまうため、関節痛が生じるということになります。

グルコサミン

グルコサミンには、軟骨の摩擦を抑制する働きがあるため関節痛を改善する効果があります。傷ついた軟骨を修復し再生を促す効果もあるため、関節の軟骨の強度や柔軟性を高めることが期待できます。
軟骨を再生させたり、強度や柔軟性を高めることで、関節のスムーズな動きを可能にしたり、衝撃から関節を守る働きを高めることができます。
また、グルコサミンは、プロテオグリカンを作るための材料でもあるので、加齢によって減ってしまうグルコサミンを補うことが大切なのです。

コンドロイチン

コンドロイチンは、皮膚や粘膜など体の中の様々な部位に存在している成分で、軟骨にも含まれています。コンドロイチンは、軟骨に水分を運んで、弾力性を高める役割があります。
年齢を重ねるごとに減っていくコンドロイチンを補給することで、軟骨の水分不足による関節痛を緩和し、関節の若々しさを保つことが期待できます。

関節の軟骨成分の構成


関節の軟骨は、主にコンドロイチンやヒアルロン酸などからできているプロテオグリカンと水分で90%を占めています。ほかには、U型コラーゲンや軟骨細胞、グルコサミンなどが成分です。

プロテオグリカンと非変性U型コラーゲンが軟骨成分の90%

軟骨は、プロテオグリカンと非変性U型コラーゲンからできていると言ってもよいほど含有量が多く、軟骨の重要な構成成分です。
コラーゲンには20種類以上の種類があり、含まれている部位に違いがありますが、軟骨にはU型が多く含まれていることが分かっています。

U型コラーゲンの「U型」って?

コラーゲンには、アミノ酸の組成によって20種類以上の型があり、T型は皮膚や骨、腱などに多く、V型は皮膚や血管に多く含まれています。
関節の軟骨にはU型が多いため、軟骨を再生するためにはU型コラーゲンを摂取することが必要です。

「非変性」と「変性」の違いは?どっちを摂取すべき?

一般的なコラーゲンは、変性コラーゲンと言って、体内に入るとアミノ酸に分解されて、コラーゲンの材料になり、再構成されます。
非変性コラーゲンは、体内にある状態にとても近い形のまま体に吸収されるため、効率よく軟骨の再生に使われるので、非変性コラーゲンを摂取することが大切です。

関節痛サプリメントを選ぶ3つのポイント


関節痛サプリメントを選ぶときには、成分の種類だけでなく、変性や非変性、型などにも注目して選ぶことが、関節痛の予防や緩和、改善につながります。
関節に良い成分が入っていれば効果があるというものではないので、含まれている成分がどんな形なのかを確かめてから選びましょう。

プロテオグリカンが『非変性』で抽出されたもの

軟骨の構成成分として大変多く含まれているプロテオグリカンは、加熱や加工、消化などの過程で分子が変わってしまうものと分子の形が変わらない非変性があります。
人体に含まれているのは「非変性」なので、関節痛に効果が期待できるサプリメントは、非変性のプロテオグリカンを含んでいるサプリメントです。
関節痛サプリメントを選ぶときには、プロテオグリカンが非変性で抽出されたものを選ぶことがポイントです。

コラーゲンが『U型コラーゲン』で『非変性』で抽出されたもの

関節痛に効果的な成分として知っている人が多く、美容目的でサプリメントを活用している人も多いコラーゲンには、多くの種類がありますが、関節痛に効果が期待できるのは、軟骨に多く含まれているU型コラーゲンを摂取した場合です。
また、コラーゲンは体内に入ると細かく分解されることが多いので、体内にある状態に近いまま吸収することができ、効果的に関節痛に作用する非変性で抽出されたものを選ぶことが大切なポイントです。

プロテオグリカンサプリは天然由来のものを選ぼう

プロテオグリカンサプリを選ぶ際には、できるだけ天然由来のものを選ぶようにしましょう。
合成原料のものもありますが、やはり口にいれるものですのでできるだけ添加物が少なく、天然由来のものが中心であるものが安心です。
またサプリメントは加熱すると大半の栄養素が失われてしまうため、非加熱処理のものを選ぶ事も重要です。
成分表を確認する上で、製造年月日も新しい新鮮なものを選ぶとなお良いです。
>>プロテオグリカンサプリおすすめランキングはこちら

プロテオグリカンのその他の効果・効能とは?


プロテオグリカンサプリは関節痛の他にも、美容効果や腸内環境を整えるといった効果もある事が分かってきています。
そのような意味では女性にとって喜ばしい成分があると言えるのではないでしょうか。

アレルギーがある人には注意が必要

さて、プロテオグリカンサプリはサケの鼻軟骨から摂取されるものを使用しているものもあるため、アレルギーがある人は注意が必要です。
プロテオグリカン自体は元々体内にあるものですので、プロテオグリカンサプリ自体に副作用はないのですが、別に配合されているサプリメントによってアレルギー等の副作用を起こすこともあるので、成分確認は大切です。
また常用薬がある方や妊娠中や授乳中の女性等は医師に相談する事が大切です。

▼効果を実感したいなら用法用量を守ることが前提!
また、サプリメントは多量摂取すれば良いというものではありません。
表示項目にある用法容量を守り、正しく服用する事で効果が期待できます
正しくプロテオグリカンサプリを利用する事で関節痛に対処していきましょう。


関節痛の予防とプロテオグリカンサプリのまとめ

関節痛は予防こそが肝心です。

  • 暴飲暴食を避け肥満に注意する。
  • 関節をいたわりつつ適度な運動を日常の中に取り入れる。
  • バランスの良い食事と共に、サプリメントも併用しながら、軟骨成分を補っていく。

それでも「あれ痛いな?」と感じたら早めの医療機関への受診を行い症状の進行を抑えましょう。
>>変なプロテオグリカンサプリメントを避けるために満たしたい5つの条件を読む