MENU

膝の痛みを防ぐぞ!3つの予防対策。


膝の痛みには、膝周辺の関節の柔軟性が衰えていたり肥満によるものだったりと、考えられる原因はさまざまあります。
日常生活で膝の痛みに悩まされている人は、その痛みがどういった原因で引き起こされているかを知って、痛みを改善するための正しい対処法を身に付けることが大切といえるでしょう。
今回は、膝が痛くなることで考えられるいくつかの原因と、痛みの予防と改善が期待できる日頃から行える対処法について詳しくご紹介します。

 

適度な筋トレで膝周りの筋肉を強化する


膝の周りの筋肉を強くすることは膝の痛みの改善に繋がる大切なことです。
筋肉を強化することで足腰だけでなく、上半身を支える膝自身も強くなり膝の痛みを軽減させてくれる効果をもたらします。
膝が痛くない人でも、筋肉を強化しておくことで将来膝が痛くなる予防にも役に立つのです。
そのほかにも、筋力が付くことによって日常で消費するエネルギー消費量も多くなって肥満になることも防げるのです。

膝周りの筋肉を鍛えるおすすめの運動

膝周りの筋肉を鍛えるには、足上げやスクワットなどがおすすめになります。
足上げは椅子に座った状態や、床に横になった状態で行なうなどやり方はさまざまです。場所を取らずに短時間で行える筋トレなので、自宅以外でも仕事の合間などにも行うといいでしょう。

 

関節の柔軟性を高める柔軟体操・ストレッチ


膝の痛みを解消する方法の一つが、膝周りの関節を柔らかくする柔軟です。
膝の関節周辺の筋肉のこわばりによって膝の可動がスムーズに行かなくなることも膝の痛みの原因の1つとされています。
そこで、効果的といえるのが日常で気軽に行なえるストレッチです。

膝周辺を柔らかくする方法

やり方は簡単で、膝の皿周辺の関節をいくつかのポイントに分けて順番に数秒押していき、それを5回ほど繰り返します。1日2〜3回を目安に毎日行いましょう。
場所を取らずにできるので、仕事の休憩時間などでもできます。

継続が大切です

ストレッチは、効果がすぐ現れる人もいれば時間が掛かる人など個人差はさまざまです。
すぐに効果が現れなくても諦めずに、1ヶ月程度を目安に考えて毎日持続していくことが大切といえます。膝の痛みは慢性化することもあることから、痛みがなくなっても続けていきましょう。

 

肥満を予防する健康的な食生活


下半身は上半身を支える重要な部分です。
肥満による体重の増加は膝が支える体重量も増えるということで、結果的に膝の負担に繋がってしまいます。
肥満にならない健康的な体作りをするためにも、自身の生活習慣の見直しも大切になります。

食事の気をつけるポイント

まずは食事の時の摂取量です。過度な暴飲暴食は肥満の大きな原因になります。
カロリーの高い食べ物はなるべくは避けて、バランス良く適切な量を摂取するようにしましょう。
この時に急いで食べたりダラダラと時間を掛けて食べることも消化不良による肥満の原因になるため注意が必要です。
深夜に食事をしてすぐに寝るといった行為も体に良くないので、1日3食の規則正しい食生活を心掛けて肥満にならないように気をつけましょう。

 

正しい歩き方で歩く


膝の痛みは日常の歩き方でも影響してくるのです。
人間は歩行する時に無意識に自分が楽だと感じる歩き方をしてしまいますが、それが正しい歩行姿勢でない場合は膝に負担を掛けてしまうこともあります。
正しい歩行姿勢のポイントの一つは、しっかりと膝を曲げることです。
膝を曲げて歩いているつもりでも、実際は伸ばした状態のまま歩いているという人も少なくありません。
膝を曲げることは足が地面に付いた時の衝撃を吸収してくれる役割を持っているので、歩く時はこの点を意識するといいでしょう。

歩く時の姿勢も大切

もう一つは歩く時の姿勢です。姿勢が悪く前傾や猫背の状態で歩いていると膝に負担が掛かってしまいます。歩く時は、背筋を伸ばしてしっかりと腕を振って歩くことが膝への負担の軽減に繋がるでしょう。

 

サプリメントを利用する


日常で気軽に飲むことができるサプリメントでも、膝の痛みの改善が期待できます。
膝の痛みには、プロテオグリカン、コラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンといった栄養素を摂取することが効果的といわれています。
グルコサミンはアミノ酸の栄養素を含んでいて、これは膝の中にある軟骨を形成するする成分にも含まれていることで、摂取による膝に栄養を与える役割が期待できるでしょう。
そのほかにも、コラーゲンやコンドロイチンにも、軟骨や膝の栄養補給をすることができるとされてます。

ドラッグストアや通販で気軽に買える

サプリメントはドラッグストアーなどで購入できて、気軽に食事の補助として服用することができるのがメリットです。日常生活で膝の痛みを感じ始めたら、まずはこれらの成分が含まれているサプリメントを服用してみてください。

 

膝が痛い原因を知り、原因をとりのぞくことが大切です


膝の痛みを改善、予防ができるいくつかの方法についてご紹介してきました。
膝の痛みはそのままの状態で放置をしておくと、痛みが悪化することもあるので、痛みを我慢するのではなくしっかりとケアを行うことが重要です。
日常生活で膝に違和感や痛みを感じたら、その原因について知ることから始めましょう。

 

自分自身が肥満体型だと感じたら、食生活や生活習慣を見直すことが重要になります。
膝の痛みに悩まされていない人も、加齢などによる筋力の衰えでいずれ痛みが出てくることも考えられます。
そのため、日常的な運動や筋力トレーニングによって早いうちから予防に努めることが、いつまでも健康的な体を維持するために大切なことといえるでしょう。

 

>>膝の痛みがある時はまずどうすればいい?7つの基本対策はこちら