MENU

膝の痛みの原因は何?膝が痛くなる原因ってこんなにあるの?


膝の痛みに悩まされている人は、少なくないのではないでしょうか?
ですが膝の痛みの原因は、実は意外と身近なところにあるって知っていましたか?
原因を知りきちんとした対策をすることが、
膝の痛みを改善させるうえで重要な鍵となります。

 

考えられる痛みの原因は様々です。
「膝の痛みは何で起こるんだろう」そんな疑問を解決すべく、詳しい情報をお伝えしていきます!
>>膝の痛みがある時はまずどうすればいい?7つの基本対策はこちら

 

肥満・体重増加で膝の負担増


肥満や体重増加で負担をあたえるのは、せいぜい心臓くらいじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は膝にも大きな負担をかけることになるのです。
足は体を支えるうえで大きな役割を果たしていますが、逆にいえばそれだけ負担をかけている箇所でもあります。
普通に歩いている時には体重のおよそ3倍、階段を使う時の負担はおよそ8倍になるともいわれており、太れば太るほど、膝への負担は大きくなるといえます。

痩せたら膝の痛みが改善されたというケースも。

実際、痩せたら膝の不調が改善されたというケースも少なくありません。
また、肥満になってくると歩く機会が自然と減ってくることが多く、筋力が落ちることで膝の痛みを引き起こしていることもあります。
なのでダイエットや膝痛改善の意味でも、ある程度運動をすることは大事なのです。

 

膝関節の変形(O脚・X脚)


膝関節は様々な原因で変形してくることがありますが、その原因のひとつになっているのが、O脚やX脚です。
これは女性によく見られる傾向があり、自覚症状はなくても気づかないうちにO脚やX脚になっていることもあります。

膝の変形でピンポイントで負担がかかる

なぜこれが膝の痛みを引き起こすのかというと、O脚もX脚も膝が変形しているために、負担がかかる場所がピンポイントになってしまい、そこに過剰な負荷がかかることで軟骨にも影響が出てきます。
軟骨がすり減ることできちんと体を支えることができなくなり、膝が痛くなってしまいます。
O脚やX脚はエクササイズなどで改善させることもできるので、膝の変形が良くなっていくことで膝の痛みも減らすことができるでしょう。

 

下半身の筋力低下


筋力を維持することは、人間が快適に暮らしていくうえでとても大切なことです。
ですが筋力は運動不足や加齢など、様々な原因で低下してしまいます。
体を支えるには、下半身の筋肉が重要になってきます。ですが膝まわりの筋力が落ちてしまうと、支える力が弱まってしまうために膝に痛みが出るようになります。

膝の柔軟性が失われることによる悪循環

筋肉は動かす機会が減ってしまうとどんどん衰えてしまい、膝の柔軟性が失われることでも痛みが生じることがあります。痛みがあることでかばうような歩き方になり、その歩き方がまた負担をかけてしまう…という悪循環になったりもします。
それを防ぐには適度な運動をすることが大切です。
ウォーキングであれば年齢に関係なく無理なく始めることができますし、下半身の筋肉をバランス良く鍛えることもできます。

 

スポーツでの激しい動作で膝を酷使


健康にもいい影響をあたえてくれるスポーツですが、時に膝を痛める原因になることもあります。
これをスポーツ障害ともいい、スポーツを繰り返すことで膝を酷使してしまい、筋肉や骨に炎症を起こしてしまいます。
本来、人間には体を修復させる力が備わっていますが、あまりにも体の組織に傷を受け続けてしまうと、その修復するスピードが追いつかなくなり、どんどん膝を痛めてしまうのです。

筋力を強化すると症状が軽くなる

このスポーツ障害は筋力を強化することで防いだり軽くすることができるので、スポーツをしている人は下半身の筋力をアップさせることを心がけるとよいでしょう。
また、スポーツの前には入念なウォーミングアップをすることも重要です。そうすることで、スポーツの時の膝への負担を軽くすることができます。

 

合わない靴を履いて歩行時の負担増


やはり外出の時はおしゃれな靴を履きたいものですが、合わない靴も膝にとっては大きな負担となってしまいます。
サイズがきちんと合っていなかったり、女性であればヒールの高い靴を履いていると腰や膝に過剰な負荷がかかります。そのまま放置していると、外反母趾や偏平足になることもあるのです。

骨盤のゆがみがある人は注意が必要

また、骨盤のゆがみがある人は特に要注意です。
骨盤にゆがみがあると靴のすり減りにも偏りが出てきます
その不自然にすり減った靴をはき続けることで膝にも悪影響が出てきます。

デザインよりも履きやすさで靴を選ぶ

これを防ぐためには、デザインよりも履きやすさを重視して、靴を選ぶしかありません。膝の痛みがある時にはヒールの高い靴は避けて、靴底のすり減りに偏りが出てきたら、その靴はなるべく履かないようにしましょう。

 

自分の膝が痛い原因を知っておくことが大切


いかがでしたか?
このように、膝の痛みは様々な原因によって引き起こされています。
運動が必要なケースもあれば、逆に運動が痛みの原因になっていたりと、ひとりひとり原因は違うのです。
膝痛を改善させるには、なぜ痛みが生じているのかを突き止めることが最初の一歩になってきます。

 

そして、原因を知ることで痛みのためにどんな対処をするべきかということが見えてくるはずです。
膝の痛みは日常生活に支障を及ぼすことはありますが、命に関わる問題ではないので治すことを諦めている方もいるかもしれません。
そんな方こそ、まずは原因を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。
膝の痛みが改善されると、お出かけや趣味の時間もぐんと楽しくなりますよ。
>>もしかしたら病気かも…?膝痛で考えられる5つの病気はこちら