MENU

膝の痛みで考えられる5つの病気とは?


膝の痛みには、軽いものから重いもの、継続的なものから突発的なものまで、さまざまなタイプが存在します。
些細な違和感を覚える程度の痛みを抱えている人もいれば、生活に支障が出るほどの激しい痛みを感じている人もいるかもしれません。
膝が痛む理由は色々考えられますが、一つの可能性として病気にかかっている場合があります。
そこで今回は、膝の痛みを特有とする病気を5つピックアップし、その原因や症状を調べてみました。

 

>>膝の痛みがある時はまずどうすればいい?7つの基本対策はこちら

変形性膝関節症


変形性膝関節症は、膝における関節の表面をカバーしている軟骨のすり減りが原因で、炎症や変形を起こしたり、水がたまったりする病気です。
軟骨は骨の間で緩衝剤の役割を果たしているので、摩耗するとスムーズな膝の動きができなくなり、何気ない動作にも痛みを伴います。患者層としては、主に高齢者や女性に多く見られるとされています。

初期症状がほとんどない

この病気は、初期段階では自覚症状がほとんどなく、膝の曲げ伸ばしに違和感を覚える程度ですが、中期にかけて軟骨が徐々に失われ始めると、骨と骨の間隔が狭くなるため、正座や階段の上り下りといった動作に痛みを感じるようになります。
軟骨がほとんどなくなってしまう末期を迎えると、骨と骨が直接ぶつかり合うので大きな苦痛を伴い、歩行が難しくなるなど日常生活に大きな支障が出てしまいます。

 

靭帯損傷


靭帯損傷は、膝において骨の間をつなぐ役目を持つ靭帯が傷ついたことで、痛みや腫れがある状態を指します。
スポーツや事故など外部から強い圧力で膝に大きな負担がかかった場合によく見られる症状です。目立った外傷がなく、比較的軽いものは捻挫に分類されますが、深刻な事態になると複数の靭帯に大きな断裂が入ることもあり、半月板損傷など別の病気にも発展してしまう可能性が考えられます。

負荷を受けた直後から痛みや制限が出る

病状の経過としては、膝に負荷を受けた直後から、動かす際に痛みや制限が出てくるようになり、あざなど腫れが生じるケースも見受けられます。
急性期が終わるとこれらの症状は軽減しますが、靭帯の損傷状態によっては、下り坂を歩いている時や膝をひねった時などに関節部分が安定せず動きにくいこともあります。

 

半月板損傷


半月板損傷は、半月が傷ついたことで膝の動作に支障が出る病気です。
半月とは、膝関節を構成する骨の間に存在している板状の軟骨組織を指し、関節の緩衝や安定を担っています。
スポーツや事故などが原因のものでは、靭帯に傷が入った際に合併症として引き起こされる場合に加え、半月のみが損傷する場合が考えられます。

半月板は老化で壊れやすい部分

一方、老化により壊れやすくなる部分でもあるため、40代以降になると些細な衝撃で半月板損傷になってしまうケースも見受けられます。
一般的な症状としては、膝を曲げたり伸ばしたりする動作に痛みや違和感を覚えるようになるのが特徴です。病状が悪化すると、膝に水がたまってしまったり、膝そのものが動かず歩けなかったりなどの事態になることもあります。

 

関節リウマチ


関節リウマチは、関節内部にある滑膜が増殖することで慢性の炎症になる病気です。
原因は自己免疫システムの異常とされており、年齢を問わず発症しますが、特に30代から40代にかけて患者が多く見られます。
症状は、膝に水がたまることで動きが制限されたり、足が変形してしまったりすることが挙げられます。
病状の程度はさまざまですが、重度のものになると歩行が困難であるなど日常生活に支障が出る可能性が考えられます。

こわばりや腫れるなどの症状から発展する

この病気は、手足の指関節や股関節に腫れやこわばりが生じるのを始めとし、徐々に膝や股の関節に発展していくのが特徴です。
これらの病変と並行して、貧血になったり微熱を出したりするのに加え、倦怠感を覚えるなどの症状が見られることもあります。

 

大腿骨顆部壊死


大腿骨顆部壊死とは、大腿骨の下にある顆部と呼ばれる部分が壊死する病気です。
原因はよく分かっていませんが、血流障害や、老齢による骨粗鬆症との関連性が示唆されており、60代の女性が主な患者となります。
この病気は急激な膝の痛みで発症するケースが多く、歩いている時を始めとして強い痛みが継続的に起こるのが特徴です。

激痛は時間が経つと改善することもあるけど…

最初に感じられる激痛は時間の経過と共に改善することもありますが、高齢のために骨組織がもろくなっている場合では、病状が進むと関節が陥没したり、骨の間にある隙間が狭くなったりなどで関節症を引き起こす可能性が考えられます。
関節が炎症を起こすと膝に水がたまってしまうため、関節の周りに腫れが見られたり、痛みで動作が制限されたりするようになり、歩行が難しい状態にまで発展することもあります。

 

痛みが強い時や痛みが続くときは早めに病院で受診して


膝の痛みには色々な原因が考えられますが、共通しているのは早期治療が回復のポイントだということです。
治療の方法は病気の種類や症状の進行により異なりますが、病状が重いケースでは緊急の手術を要するものもあります。
特に痛みが強かったり、継続的に痛んだりしている場合は、迅速に専門家の診断と処置を受けることが最善と言えます。

 

また、上記に挙げられている病気の中には、早い時点で痛みを覚えるタイプから、病状が進むまでほとんど自覚がないタイプまでさまざまなものが存在します。
そのため、自分では気にしていなかった何気ない違和感や痛みでも病気の初期段階の可能性もあるので、なるべく放置せず病院に行くようにしましょう。

 

>>膝の痛みを防ぐ3つの予防対策「今すぐ始める健康的な膝作り」はこちら