MENU

腰の痛みがヤバい…腰が痛くなる原因と対策をまとめてみました


腰痛に悩む人は約2800万人、日本人の4人に1人が腰の痛みで悩んでいます。
しかし、原因がはっきりと判明するのは15%ほどで、残りの85%は医療機関を受診しても「特にこれといった異常は見当たらないので、様子を見ましょう」と湿布薬や鎮痛剤をもらって来る、といった感じです。

腰痛は病気のケースも多いんです

スマートフォンの長時間使用や運動不足、肥満などの生活習慣によるケースも多いですが、やはり多くは腰痛を伴う病気のケースです。こちらのページでは腰痛の原因になる病気をまとめてみました。

椎間板ヘルニアが原因の腰の痛み


椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が飛び出して坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛を起こす病気です。
前かがみになると腰の痛みが強くなることが特徴です。
腰からお尻の裏や太ももの裏、ふくらはぎや足首にまで電気が走ったような電撃痛がおこります。時には足の指までしびれるような痛みが走る、という人もいます。
約60%は安静や放置で治っているのですが、中には日常動作もままならないという人もいます。

脊柱管狭窄症による腰の痛み


脊柱管狭窄症は、背中の神経線維が通っている脊柱管と言う管が狭くなった状態です。坐骨神経を圧迫して腰の痛みを発します。
腰椎椎間板ヘルニアとは逆に、後ろに反らすと痛みが強くなります
鎮痛剤や血流を改善する薬で治療したり、神経に痛み止めを注射する神経ブロック、神経の圧迫を取る手術や不安定な背骨を固定する手術を行うこともあります。丈夫な背骨を作るために栄養のバランスに気をつけたり、運動不足にならない様にすることが対策の1つです。

腎臓病で腰の痛みが起きることもあります


腰の痛みの原因は、整形外科的な疾患とは限りません。整形外科的な疾患の場合は動かすと痛みが増す、姿勢を変えると痛みが起きる、という特徴があります。
じっとしていても痛い場合は内臓疾患の可能性が高いです。その1つに、腎臓の病気があげられます。
尿路結石の痛みは、わき腹から腰の痛みとなって起こります。過去に尿路結石を経験している人は、再発の可能性もあるので尿の色に注意してください。
尿が濁っていたり、オレンジ色や赤い色の場合は、明らかに泌尿器に異常があると考えられます。泌尿器科を受診しましょう。

婦人科系の疾患で腰の痛みがおきることも


子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の疾患でも、腰の痛みが起きることがあります。
赤ちゃんが生まれる時の陣痛が、お腹とは限らず腰の痛みだったという人や、生理痛が腰の痛みになると言う人も多いことからも、理解できるでしょう。
夜用の生理ナプキンを使っても漏れてしまって、シーツやパジャマを汚すほど生理の量が多い人や、生理痛が激しい人は、婦人科を受診してきちんと治療を受けましょう。
放置すると不妊症の一因となることもあるので、「生理痛くらいは、誰にでもあること」などと思うのはNGです。
子宮筋腫や子宮内膜症は妊娠可能な女性の3〜4人に1人の割合で発症するので、多くの人が生理痛を感じますが、健康であればスルーできる程度の生理痛で済むはずです。

膵臓の病気で腰の痛みがおきることも


膵臓は、胃の裏にある長さ15cmほどの臓器です。
膵炎の場合は、飲食した後に腰や背中や上腹部に激しい痛みが起きます。同時に吐き気や嘔吐が起きることもあります。
お腹や腰の痛みは、エビの様に丸まっているといくらか楽になる、という特徴があります。
膵臓は胃の裏にあるために、通常のレントゲンや超音波検査(エコー)では判りにくいことが多いです。脅かすわけではありませんが、すい臓がんの大半は早期に発見されることはなく末期で見つかります。このような症状が続いている場合は、腰の痛みだろうと自己判断するのはNGです。

腰の痛みの原因はさまざま


ここに記した以外にも、腰の痛みがおきる病気はたくさんあります。
腰の痛みの原因が整形外科的なものなのか、内臓疾患から来るものなのかをまず確かめることが重要です。
原因がわかっていないうえでは対策は出来ないので、まずは病院で診察してもらい、整形外科的なものであれば、ストレッチやプロテオグリカンやコンドロイチンのサプリ、生活習慣の見直しなどの対策をたてていきましょう。
>>【保存版】プロテオグリカンサプリメントランキングをみる