MENU

肩の関節が痛い…肩が痛くなる原因は?早めの対策と予防がカギ!


例えば肩の関節が痛くなる代表の『五十肩』は、40〜50歳代で最も多く発症します。
腕を上げるなどの動作で肩の痛みや腕の痛みが出て動かしにくくなります。
糖尿病のある人は、ない人と比べるとこの疾患になりやすく、そのうえ治りにくいと言われています。これは、血糖値の高い状態が続くと、関節包を構成しているコラーゲンが硬くなるからだと、考えられています。

 

この疾患の多くは、1〜2年で治るか日常生活には支障を来すことのない状態になります。
しかし、痛みが強い場合や日常生活に支障がある場合は、整形外科を受診しましょう。日本人は我慢強い傾向がありますが、我慢がストレスとなり他の病気を引き起こすことになりかねないので、我慢は禁物です。

 

加齢で腱板がすり減る、腱板断裂


60歳以上の人が肩の痛みを訴える場合に多いのが、腱板断裂です。
加齢などが原因で肩と骨のつなぎ目である腱板がすり減ったり切れたりすることで、肩の痛みが起ります。
腱板が完全に断裂する人は、60歳代で5人に1人、70歳代では4人に1人と言われています。しかし高齢者では激しく動かすことが少ないため、痛みを訴えないこともあります。
腱板断裂の治療は多くの場合、薬を使ったり運動療法を行います。時には手術が必要なこともあります。五十肩のように自然に治ることは、残念ながらありません。
肩の痛みや上腕部の痛みを感じる場合は、整形外科を受診しましょう。

 

なで肩の人は要注意、胸郭出口症候群


胸郭出口と言うのは、鎖骨と一番上の肋骨の間の狭いすき間です。このすき間には神経の束や血管が通っています。
なで肩の人は、肩甲骨が下がりやすいので、それが一因となって、その周辺の筋肉や神経や血管が引っ張られることで肩の痛みやコリやしびれが起きやすくなります
ひどくなると、肘から手や指に痛みやしびれが出てくることもあります。
ショルダーバッグがすぐに滑り落ちる人や首の長い人、腕にしびれを感じる人は胸郭出口症候群の可能性も考えられます。
対策や予防としては、良い姿勢を心がけることが大切です。

 

スマホ姿勢が肩の痛みの原因に


スマートフォンを長時間続けて使っていると、どうしても猫背になってしまいます。
このスマホ姿勢は肩甲骨周辺の筋肉に負担をかけ続ける一因になります。
腕が真上に上がらない場合や、上がるけれど途中で引っかかるような感じがする場合は、スマホ姿勢が影響している可能性が高いです。
自分でできる対策や、肩の痛みの原因にならないようにする対策としては、やはりスマホの長時間使用を避けることが一番です。
時々中止して体操をするなどで、スマホ姿勢にならないように予防しましょう。
スマホ姿勢は、目や腰にも負担がかかります。1時間以上操作を続けることは、避けたいものです。

 

関節リウマチによる肩の痛み


関節リウマチと聞くと、おばあさんが指や膝が痛いと言っている病気、というイメージを抱く人が多いようです。しかし実際には、30〜50歳の女性に多い病気です。
指や膝とは限らず、足首や肘や肩の痛みを訴えることもあります。
関節の痛みだけではなく、だるい、原因のよくわからない発熱、体重の減少、食欲不振などの症状がある場合は、膠原病専門医を受診することをお勧めします。

関節リウマチは膠原病と呼ばれる病気の1つ

ウイルスなどの外敵を攻撃する免疫システムが、誤って自分の関節や体を攻撃してしまう病気です。
現在は、早期に治療すれば関節の変形はまぬがれるし、全く症状がなくなるくらいまで治ることもあります。
思い当たる症状がある場合は、早めに受診しましょう。

 

リウマチ性多発筋痛症や膠原病


関節リウマチ以外の膠原病が原因で肩の痛みを訴えることも、まれにあります。
多発性筋炎は全身の筋肉が痛くなる膠原病です。
リウマチ性多発筋痛症は、朝起きた時に、寝返りが打てないほどの肩の痛みが起ります。全身のあちこちが痛くなることが多いです。

膠原病は女性に圧倒的に多い疾患

体のだるさや発熱などを伴うことが多く、つらい症状があるのですが、膠原病専門医が診察しないと「特に異常ありませんよ」、「原因は不明ですね」などと言われて、診断に至らないことも多いです。
中にはうつ病の診断をつけられることも少なくありません。
肩の痛みが続いていて、だるい、熱があるなどの全身的な症状を伴う場合は、膠原病科を受診することをお勧めします。

 

肩の痛みが起きる病気は、たくさんあります


肩の痛みがおきる病気は、これら以外にもいろいろとあります。素人が自己判断することは困難だし、良い事ではありません。
関節系のサプリは、腱板がすり減るのを遅らせるなどの老化予防に使う、足りない栄養を補うなどの目的で使うのが良いでしょう。
しかしサプリは、病気を治すということを目的に作られているものではありませんので、まずはきちんと診察を受けて診断をつけてもらいましょう

 

肩の痛みがある場合、だるさや発熱や体重減少などの全身的な症状を伴っていなければ整形外科、これらの症状を伴っている場合は膠原病科を受診するのがベターです。
また、整形外科で診断がつかなかった場合も、膠原病科へ行くのが良いでしょう。

 

まとめ

肩の痛みが起きる病気には、色々とあります。素人が自分で診断をつけることは困難です。
まずは、きちんと診察をうけることが大切です。
サプリメントは病気を治すものではありませんが、コンドロイチンやプロテオグリカンサプリは痛みの緩和や予防としては有効です。
>>質の高いプロテオグリカンサプリを見抜く5つの条件をチェックしておく