MENU

老化による膝の痛みの原因は?


加齢と共に膝が痛むようになる原因として、膝の軟骨がすり減るということが考えられます。このようになると骨と骨がすり合ったり、骨にとげができてそれが痛むという場合が出てきます。
さらに、グルコサミンやコンドロイチンなど、軟骨の成分であって潤滑油のような働きをする成分も加齢と共に減少するため、余計に膝が痛むようになる可能性が高くなります。

関節痛に良い成分のサプリメントを摂るメリット


加齢と共に関節に必要な成分が減ってきた場合、これを外から補うことが必要になってきますが、効果的な量を摂るには食品だけでは十分ではないと考えられます。
そして、そんな場合はサプリメントを利用するようにすると良いでしょう。

▼グルコサミン
グルコサミンには軟骨を修復したり再生する働きがあるので、これが少なくなると低下した膝の動きが戻りにくくなるでしょう。

▼コンドロイチン
コンドロイチンの場合は、水分の多い成分で軟骨に潤いを与えるので、これも少なくなれば膝を動かしにくくなる可能性があります。

関節痛におすすめのサプリの種類は?

関節痛に効くサプリとしては、グルコサミンやコンドロイチンが配合されたものが有名ですが、これらを含むサプリだけでなく、最近ではプロテオグリカンにも注目が集まっています。
プロテオグリカンサプリはサケの鼻軟骨などを使用したもので、天然素材を使っているので、その点でも安心して呑むことができると言えるでしょう。この成分は関節痛の緩和は勿論ですが、その他でも多くの効果が期待されます。

プロテオグリカンサプリの効果は?


プロテオグリカンは軟骨の構成成分であり、クッションの働きをして代謝もアップさせるため、プロテオグリカンサプリは膝の痛みや動かしにくさを軽減する可能性があると言えます。
またプロテオグリカンサプリは保湿性が高いので、関節痛だけでなく潤いのある美肌作りにも効果があるとされています。
さらにプロテオグリカンは、抗酸化作用を持っている成分なので、活性酸素の発生を抑止する働きがあり、高血圧などの生活習慣病の予防にもなると考えられます。
この他でもプロテオグリカンサプリは、アレルギーを改善したり、臓器移植の際の拒絶反応を抑制するなど、さまざまな効果を持っています。

運動療法も効果的


関節痛を緩和するにはプロテオグリカンサプリなどのサプリメントの使用が効果的ですが、それ以外では運動療法も効き目が大きいと言われています。
加齢と共に衰えやすい筋肉を鍛えることで、軟骨を強化することも可能なので、特に太ももの前面の筋肉や胴の筋肉などに適度な負荷をかけて、これらを鍛えるようにすると良いでしょう。

▼内蔵疾患の予防や肥満防止にもGOOD
さらに、このような運動は内臓疾患の予防や肥満防止にもなるので、全身の健康にもプラスになることとして積極的に取り入れるようにすることをお勧めします。
運動の種類としてはウォーキングなどがありますが、過度の運動は逆効果になるので、始める前に良く考えて、不安がある場合は医師に相談してみる方が良いでしょう。

食事にも気をつけることが大切


関節の痛みを緩和するには、バランスのとれた食生活にして全身の健康を維持するようにすることも大切です。
また、肥満は脚に負担がかかるので、糖分などの太りやすい成分の摂り過ぎに気をつけると同時に、たんぱく質やカルシウムなど、筋肉や骨を強化するような栄養素はしっかりと摂ることも重要です。
体の老化は仕方がないと諦めるのではなく、少しでも健康を維持するような方法を積極的に取り入れることが必要です。
そんな方法の中でも特に行いやすく、効果的と思えるものの1つがサプリメントの利用ですが、この場合は用量を守ることと、食生活を含めた生活習慣の改善を並行して行うことを心掛けた方が良いでしょう。
>>質の高いプロテオグリカンサプリメントを選ぶために満たしたい5つの条件

まとめ

老化による膝の痛みを軽減しようと思う場合には、これに効くとされる、プロテオグリカンサプリなどのサプリメントを利用したり、適度な運動やバランスのとれた食生活を心掛けるようにすると、効果が期待できると考えられます。