MENU

変形性膝関節症ってどんな病気?原因や症状、治療などまとめてみました


膝関節の老化を原因とする膝の痛みに悩む女性は非常に多く、しばしば老後のQOLを左右する問題として認識が定着しつつあります。
ロコモティブシンドロームの一因として、変形性膝関節症は寝たきり生活のきっかけになる側面を孕んでいるだけに誰にとっても喫緊の課題と言っても過言ではないでしょう。
変形性膝関節症とは、加齢や慢性的な膝への過重な負担を原因として膝のクッション成分である関節軟骨が摩耗によりすり減り、骨同士が直接接触することで疼痛や運動機能の失調を伴う病気です。
実に70代以降女性の70%がこの病気に悩んでいるとの統計もあります。

 

変形性膝関節症の症状や進行具合は?


変形性膝関節症の症状としては、関節軟骨のクッション機能低下による負荷吸収機能喪失に伴う症状の発言を指摘することができます。
特に階段の下降時には、膝にダイレクトに土踏まずから膝に接地時に負荷が伝達されるため、膝の痛みの自覚を覚えることから始まります。

膝関節の炎症により膝に水がたまる→痛みの増悪

膝の屈伸時に痛みが走り可動域も制限されるので正座が出来ない等の特徴的な症状もしばしば遭遇することも経験されます。
60代以降で和式便座や正座がきつくなってきた場合には、この病気を疑うべきでしょう。診療科目は整形外科になります。

変形性膝関節症の原因は?

それでは変形性膝関節症の原因や発生メカニズムはどこにあるのでしょうか。
関節軟骨が減少し骨同士が接するようになると、骨の硬化がはじまりますがそれが一定程度以上になると骨細胞は空洞化していきます。
もろくなった骨細胞を補うために新生の骨細胞が産出されますが、新骨細胞は、棘状の骨組織となりさらに痛みを増悪させていきます。こうなるとすり減って飛散した軟骨細胞が関節を覆う滑膜に取り込まれ炎症が起こります。
炎症を起こした滑膜からは滑膜液が大量に分泌され、膝に水がたまる状態になります。
骨の変形がさらに進むと周囲の筋肉や腱にも炎症が波及し痛み、ひいては運動機能障害を発生させることになります。

 

変形性膝関節症の治療方法は?


変形性膝関節症の治療は痛みの除去軽減と、膝の伸縮機能を維持して脚の筋力を高め病気の進行を食い止めることが中心になります。
治療はまず筋力増強などを中心にした保存療法と手術による外科的治療があります。

保存療法の代表格は運動療法

運動により血行を促進し痛みを緩和すること共に関節のしなやかさを維持するなどの運動機能の保持と、炎症の原因となる老廃物質を排出させる効果の両面を追求すること事が出来ます。
運動療法は関節軟骨の新陳代謝を活発化させ繊維状の軟骨の再生を図る目的もあります。
痛みが強く機能障害が高度になった場合には人工関節置換を始めとした手術療法が検討されることになります。

 

変形性膝関節症に適切なセルフケアとは?


変形性膝関節症の痛みは運動機能の低下の側面も大いに関係しているので、ストレッチで改善を期待することが出来ます。
ストレッチなどの軽度の運動で筋力をつけるのは筋肉の体重支持力を向上させることで関節への負担を減少させることを目的にしています。
もちろん運動により筋肉の硬縮を防止し関節機能のリハビリテーションをはかるということも目的の一つです。太ももに力をいれて膝のあげおろしをする、この程度の簡単なストレッチでも筋力維持には意味があります。
膝には体重を大きく上回る負荷がかかります。肥満気味の方では、体重管理で膝への負担を軽減する必要もあります。

 

最近耳にするプロテオグリカンサプリって?


現在の医療水準では最終的には関節機能が廃絶した場合には、人工関節に置き換える手段を取るほか根本的解決にならないのが現状です。
しかし関節症に有用な成分としてプロテオグリカンが各種のサプリに配合され新商品の開発も相次いでいます。
プロテオグリカンは元来人体の皮膚や軟骨などに含まれている成分ですが、加齢に伴い生成量が減少していきます。
プロテオグリカンは皮膚や軟骨を含めた細胞の弾力お保持し、細胞同士の結合を促す等の機能を有し生命活動の上で不可欠な成分といえます。
特に保水性に優れ、コラーゲンやヒアルロン酸をも凌いで次世代の美容成分との評価もされています。

 

変形性膝関節症にプロテオグリカンの有用性

プロテオグリカンは高い保水機能を持ち、細胞の弾力性を担保するために重要な役割を負っています。
関節軟骨においてもプロテオグリカンが潤沢に存在すればクッション成分の再生修復も活発になるため、多少のダメージでも自己回復することが可能です。しかし加齢により生成が活発にされなくなり関節のクッション成分の欠乏につながっています。
このような体内環境を人為的に改善させる方法として、プロテオグリカンサプリを服用することは体の中から自律的に変形性膝関節症を改善させることを期待することが出来ます。
人工関節には感染症のリスクや人工関節の使用期限の問題もあります。従来の治療方法の補助としてサプリを活用するのも賢明な選択といえます。
>>これだけは覚えておきたいプロテオグリカンサプリを選ぶ5つのポイント

まとめ

変形性膝関節症は中高年以上の女性にとって、誰にでもリスクのある病気です。
治療方法は痛みを制御する対症療法が中心になります。手術療法は負担も大きいので回避して、できるだけ保存的方法で対処したい方には、プロテオグリカンサプリは新たな選択肢になりつつあると言えましょう。