MENU

変形性股関節症は治るの?症状と原因と治療方法をまとめてみました!


股関節は足と体躯全体をつなげる大切な部分、全体重を支えて円滑に運動できるよう負荷を調整しています。
日常的に高い負荷がかかる場所なので、股関節では360あらゆる方向に足を動作できるよう巧妙な仕組みが出来上がっています。
変形性股関節症はこの股関節の軟骨部分にトラブルが生じて発生する病気です。
円滑に運動できるよう骨の表面を覆いクッションの役割を負っている関節軟骨が、磨り減ることを直接の原因として発生します。
クッション成分が減少する原因については長年の日常的動作による負担の蓄積や加齢が関係している場合もあれば、もともと股関節の構造に問題を抱えている場合もあります。

変形性股関節症の主な症状とは?


変形性股関節症は中高年以降の女性に多く発生します。
膝に痛みを抱える高齢の女性は非常に多く、身近にもこの病気に悩む人もいることでしょう。早期発見早期治療が原則なのは、この病気でも同様です。特徴的な症状について知見を持っておきましょう。
初期は運動後の違和感や軽い痛みを覚えることが多いとされています。
痛みは股関節に限らず、膝裏や膝に出ることがあります。少し進行すると運動を始めた途端に痛みを感じるようになります。
さらに進むと少しでも動くと痛みを威嚇するようになり一休みしないと歩けない等の運動障害が伴ってきます。末期的には痛みや運動障害で日常生活に大きな制約を受けることになります

変形性股関節症になる原因とは


変形性股関節症になる原因には股関節の構造が関係しています。
足を支える大腿骨は先端に大転子という球状の骨がついています。骨盤にはおわん状の窪みがあり、大腿骨頭がはまり込んだ構造になっています。
この骨は直接つながっているわけではなく、弾力性のあるクッション状の組織に覆われています。これを関節軟骨と言うわけですが、これがショックを吸収して股関節の柔軟な動きを可能にしています。
この部分に過度の負担やケガなどでクッション成分が磨り減り、骨同士が直接こすれあう状態となり痛みや運動障害が生じているのがこの病気です。
先天的に股関節が充分に発達していない人はさらに発症するリスクは高まります。

変形性股関節症の進行する過程


運動障害が高度になり関節機能が廃絶した場合には、治る治療方法として手術を検討されることになりますが、全ての人がそこまでの経過を辿るわけではありません。
運動療法や食生活の見直しによって悪化を防止することも可能です。進行度合いで治療方法も変わって来ます。症状の進行過程についての認識を得ておきましょう。
ある程度進行すると、股関節の隙間が少なくなり状態になります。負荷がかかる場所の骨が硬くなってきます。
軟骨のクッション成分が更に減少すると骨同士がぶつかってくる箇所も出てきます。
ぶつかり合う骨では組織がすかすかになり、これを補うために骨棘(こっきょく)と言う新たな骨が産生されます。痛みは更に強くなり、最終的にはクッション部分がなくなり運動機能も障害されます。

変形性股関節症の検査、注意すべき他の病気


変形性股関節症の検査は問診や視診などで関節の状態を観察することから始まります。実際の関節の曲がり具合などをチェックして進行具合のあたりをつけることから始まります。X線検査で骨の隙間の状態などを画像で確認します。
軟骨自体は写りませんが隙間の磨り減り具合は確認できるので、進行度を診断する上で必要な検査です。
変形性股関節症と症状が良く似ていますが、別の病気が隠れていることもあるので注意が必要です。
中高年以降の女性に多いという点では慢性関節リウマチの可能性があります。
骨粗しょう症により骨が脆くなったことによる大腿骨の骨折、ステロイドホルモンを長期服用していると大腿骨頭壊死も頭に入れておくべきでしょう。

変形性股関節症の治療方法


変形性股関節症の治療法は大きく分けて保存療法と手術療法があります。手術以外の治療方法はすべて保存療法と呼ばれます。股関節には体重の3-10倍の負担がかかるといわれています。
体重が増えれば股関節への負担増につながるので体重管理が必須になります。過度な運動は禁物ですが、適度な運動は筋肉保持による股関節への負担軽減につながります
日常生活のあらゆる場面の見直しをし、痛みが出にい姿勢などをセルフコントロールしましょう。
病気が進行すれば最終的には人工関節置換手術を受けることになりますが、関節のクッション成分は食生活とも密接に関連しています。関節への有用性に関連してプロテオグリカンサプリに注目が集まっています。

プロテオグリカンサプリ


プロテオグリカンは軟骨成分そのものであり軟骨成分の生成や、抗炎症作用も期待されることが近時の研究で明らかになっています。
関節サプリには別の成分を配合するものが従来から販売されていますが、プロテオグリカンは関節成分そのものなので、軟骨生成を関係する作用を促進する上では大きな可能性を秘めています。
手術療法は人工関節自体の寿命の問題がある上に負担も大きいので出来れば、保存療法で対処できればベターです。プロテオグリカンの摂取は手術以外で変形性股関節症の痛みが治る可能性を示唆してくれるものといえます。
>>プロテオグリカンサプリメントランキングをチェックしておく

まとめ

変形性股関節症は加齢等によって中高年以降の女性に発症しやすい病気です。
股関節のクッション成分が減少することが主要な原因とされています。運動や手術に並んでプロテオグリカンサプリも生活に取り入れることで、より治療効果を高めることが期待できます。